メディカルセミナーズに出展

メディカルセミナーズに出展
『2人のプロフェッショナルから学ぶ!胃ろうの管理と食べるための口づくり
(経口摂取へのアプローチ方法)』
きゅりあん(品川区立総合区民会館) 6F 大会議室
2009.6.27(土)

高塚 健太郎
(たかつか けんたろう) 先生
大船中央病院(神奈川県鎌倉市) 消化器肝臓病センター医師

1990年鹿児島大学医学部卒業
消化器肝臓病治療を専門とする日本IVR学会(血管内治療に関する学会)評議員

HEQ研究会(胃ろうを中心とする研究会)の幹事等を務める。

松下 秀明
(まつした ひであき) 先生
言語聴覚士、ワタミ介護の株式会社顧問
1952年生まれ 北海道出身
現在、関東地区を中心に約10施設の医療・介護施設で、看護師、歯科衛生士と連携し、口腔リハビリテーションを推進する。また、看護職を対象とした研修会等での講演活動を多数おこない、後進育成にも積極的に取り組んでいる。
著書:口腔リハビリテーションハンドブック

平成21年むつき庵「オムツフィッター2級研修」
同期全員で、ハイ、ポーズ!


松下先生による口腔ケアの実践の様子。
しーず工房は、このセミナーに出展参加させて頂きました。またお二人の先生方の講義を拝聴させて頂き医療の現実と口腔ケアの重要性を改めて再認識しました。今後の在宅介護における胃ろうのケア、嚥下の仕組みとケアを正しく伝える時代がもう来ていることを実感しました。