介護おむつ|しーず工房|ポケットパンツ|小町寝|環境|エコロジー

ポケットパンツ
小町寝
介護の救急箱
介護の玉手箱
会社概要
プライバシーポリシー
お問い合わせメール
しーず工房株式会社
東京都新宿区百人町
1-23-17-202
TEL:03-3363-5098
FAX:03-3363-8995
営業日:月〜金曜日
(祝日除く)

孤軍奮闘あのときこのとき

「高齢生活研究所」・「排泄用具の情報館・むつき庵」
代表 浜田 きよ子先生
2007. 9. 3

待望の浜田先生との3ショット!
しーず工房にとっても宝となりました(o^^o)

気さくで腰の低い先生に、専門知識のみならず先生の人間性にも感動いたしました。
   

<ポケットパンツの感想>
1.男性器を上向きにして使用することが、少々抵抗があるような御意見でしたが、オムツフィッターの男性方にて試着の上、感想を頂くこととなりました。
2.肌部に当接するタオル地の縫製についてアドバイスを頂きました。形状についてももう少し小さめ又は細めにできないか?との 御意見を頂きました。
3.洗濯の際の乾きを早めるために、素材の工夫を提案頂きました。
4.全体的には「面白い商品」との評価を頂き、地方紙の「コラム」に掲載したい、とありがたいコメントを頂戴いたしました。
<小町寝の感想>
1.フロントのファスナー部分にリボンのような取っ手をつけた方が開閉し易いのでは。とのご提案を頂きました。

浜田先生より上述のような貴重なご提案を頂きました。お忙しい中、親切丁寧なアドバイスを頂き、最後には「介護 をこえて」の著書にサインを頂いたり、そして記念写真を撮らさせていただきました。
しーず工房にとって充実した2時間となりましたことを、茲に御報告させて頂きます。浜田先生、本当にありがとうございました。頑張りまっす!

   

<ポケットパンツのリニューアル>
浜田先生のアドバイスを頂き、現在の<ポケットパンツ>は、肌当接部は今まで通りタオル生地・綿100%を使用し、内側と外側部分は“透湿防水布(水は通さず、空気は通す)”の素材に変更致しました。

<小町寝>
浜田先生によるコラムを頂戴し、2007年11月6日付け信濃毎日新聞、2007年10月24日付け静岡新聞、その他3社の新聞に“ファスナー付き長腹巻き”としてご紹介頂きました。

 

戻る